“危険なホームページ閲覧によるウイルス感染や、不正侵入などの脅威にさらされる”というお話であります。

社内または自宅のインターネットを利用するうえで、
エンドユーザー(お客様)が気を付けなければならない事といえば、

メールに添付されてくる悪性ウイルスに感染することくらいでありました・・が、
最近では、誘惑的な文章で興味を抱くように案内するメールが横行しておるのが現状です。
例としては、○○液晶50インチテレビが2000円 お早目のお求めを!!
       URL:https://yuwaku.com/(架空ですので検索しないで下さい)をクリックなどと
  誘う行為をフィッシングといいます、まだこの時点では詐欺行為かは疑問ですが、
  クリックしたとたん 個人情報流出させるきっかけとなる 恐ろしい結末もあるかもしれません。

ここ2〜3年間に、Internet Explorer(マーク)のセキュリティホールを悪用して、
ユーザー(お客様)が、とある特定のサイトにアクセスした際に自動的に悪意のあるプログラムを
実行させられたりする(クッキーやActiveX)等々

いわゆる能動的な被害が急激に増加傾向に有ります。
この被害を避ける、又は無くすためには、
完全自己責任的ユーザー(お客様)にそのような危険性があることをまず理解してもらう必要があります。
では、どのように?未然に防ぐことが出来るか?と、言いますと
@Windows製品ご利用されている場合= windous update を二週間に一回実施願います(任意にて)

AOffice製品ご利用されている場合= Microsoft Office Online を二週間に一回実施願います(任意にて)

 ※各種アップデート不必要な場合には自己保全下さい。

その他にも市販ソフトで、ノートンインターネットセキュリティーシリーズ等々
そのうえで、Internet Explorerのセキュリティホール情報を常にチェックし、
何らかの対策か、修正プログラムが公開されたらすぐに、
社内・もしくはご自宅のネットワークに接続するすべてのコンピュータに
適用する何らかの対策が必要があります。

なぜ そうする必要があるのか?

 それは日本が自己責任大国だからなのです・・・
  どんな原因であろうとも、きっかけの起因するのが当事者たる本人ですので言い逃れが出来ないのが現状です。
  従って事前に警鐘を鳴らす様にご案内申し上げてます。

 私自身・友人・知人たちは 『どうせ大事なものはパソコンに使用していないから』と

無法地帯化してたり していますが、
今の時代はちょっとしたはずみで 銀行口座の暗証番号を盗み盗られる恐ろしいことが
 ニュースなどでも報道されつつあるのが現実です。
 自分の身は 自身で防御するのは ごくごく自然な事と言える事でしょう。
 

インターネット利用する面において当サイトは安心安全を広め当サイトではお客様へ有益な情報を提供の旨上記お話しました。
長文お付き合い頂き有難う御座います。

ぷらぐれすTOP>>サイトマップ>セキュリティーについて

セキュリティ面に関して当サイトは
当基準による一定のセキュリティー性を確立しておりますが
当ホームページ以外の安全性は確約出来ません、ご了承下さいませ。
皆様に知って欲しい事